2000年 スパーク光電科技有限公司を創設し、LED照明製品の研究開発・生産・販売に専念

2004年 国際市場に進出し、製品のCE、ENEC、UL、DLC、ROHS等の国際認証を取得

2007年 スパーク光電実験室を設立

2008年 LED街路灯とソーラー街路灯(屋外用照明器具)を商品化し、 一万台近くのLED街路灯を中央アメリカに販売

2009年 「深圳市ハイテク企業」の称号を獲得

2010年 第十回の「深圳の有名なブランド」称号を獲得し、「国家のハイテク企業」の称号を獲得

2011年 政府の承認により、スパーク光電実験室を「深セン市太陽エネルギー半導体照明技術の工学実験室」に昇格し、深セン市の知能太陽光照明技術のキャリアーになる

2011-2013年 「インテリジェント化LED街路灯制御回路」、「LED街路灯の大角度及び二次配光レンズ及びその製造方法」及び「太陽光と風力のハイブリッド(高度な知能)制御方法及びそのシステム」等の約100件の特許を取得

2012年 深圳市特許賞を受賞

2014年 スパーク光電実験室は中国合格評定国家認可委員会(CNAS)実験室認可証書を取得

2015年 スパーク光電の研究開発センターを「広東省太陽エネルギー照明応用技術研究センター」に昇格し、広東省の知能太陽光照明技術のキャリアーになり、「LED業の十大技術リーダー企業」の称号を獲得し、国家がアンティグア・バーブーダを援助するソーラー街路灯プロジェクト(約2000セット)を落札し、パキスタンのソーラー街路灯プロジェクトを落札し、約1万台のソーラー街路灯を設計し生産し輸出

2016年 国家がガーナを援助するソーラー照明(住宅用太陽光発電システム)プロジェクト(約8000セット)を落札

2017年 「LED業の十大模範工事」の称号を獲得し、広東省政府により太陽光発電プロジェクトが「広東省科学技術賞」を受賞し、国家がネパールを援助するソーラー照明(住宅用太陽光発電システム)プロジェクト(約32000セット)を落札

2018-2019年 「街路灯パケット網の制御方法」及び「ソーラー蓄電池の不足電圧保護方法」等の約10件の特許を取得

2019年 「深セン市清環知恵照明技術研究院」を設立し、インテリジェント照明及びスマートシティの新しい時代に入る。国家がギニア共和国を援助するソーラー照明プロジェクトを落札

2020年 国家がカンボジアを援助するソーラー照明プロジェクト(約3000台)を落札し、「天津1001プロジェクト」の道路NB-IOTスマート照明プロジェクトを落札


持続可能性

業界のブランド照明

を見る

メッセージ