CNAS研究室

テスト

   深セン市スパーク光電実験室は2007年12月に設立され、主に照明製品開発、技術支援と製品テスト、品質保証を引き受けます。2011年12月、スパーク光電実験室の上に、「深セン市太陽エネルギー半導体照明技術プロジェクト実験室」を拡大しました。2014年6月、実験室は国家光電実験室(CNAS認証)として認定され、認証番号は:CNAS L6963である。これでスパークCNAS実験室の面積は1200平方メートルに達しています。

   製品の公共テストのプラットフォームと科学研究プラットフォームは800平方メートルを持って、また光電実験室1200平方メートルを加えて、計2000平方メートル、設備とテスト項目最も多く揃っています。テスト項目は14種類の70以上の中国語と英語テスト標準を含める:器具、照明器具、制御装置、LED街路灯、LEDモジュールの安全性と性能要求、LED街路灯の性能要求、器具と器具システムの電磁両立性、光生物学安全、電子電気照明、太陽エネルギー発電システム、鉛酸電池の性能と信頼度などのテストを含めています。


技術の成果

   国家レベル(CNAS 認証)のスパーク光電実験室は、深セン市太陽エネルギーと半導体照明研究室と企業研究センター及び広東省太陽エネルギー照明応用技術研究センター、国家プロジェクト、国家半導体照明応用模範、重要な科学研究項目広東省科学技術特定項目、省の科学技術、深センの科学技術等十数個LED照明技術項目を引き受けて、スパークの発展に重要な役割を果たしています。


R&D TEAM

   スパークは全国先進の光電実験室(CNAS認証)と広東省太陽エネルギー照明応用技術研究センターを持って、面積約2000平方メートル、総合道路照明、工業照明、特殊照明、室内照明技術開発と応用、エネルギーサービスとエネルギー管理及び他領域の研究開発、博士、修士、照明エンジニア等核心の研究開発チームを持っています。専門領域は太陽エネルギー、半導体、熱学、メカトロニクス、工業デザイン、 環境工程、コンピューター応用、材料分析等。スパークは中国科学院、清華大学、香港理工大学、華南師範学校、広東省大学企業と長期的な協力関係を築いています。

企業活動

通りと産業の主要なブランドのled照明

詳細へ

メッセージ