スパーク一体型ソーラー街路灯システムは技術上で新しい突破を実現

Date:2015/07/24

   スパークは10年間を続け、ソーラー照明を専念する製造メーカーです。ソーラー照明の領域で長年経験を積み重ねて、最近一体型ソーラー街灯システムが新しい技術突破を実現して、光効率は160LM/W以上に達成しました。

   一体型ソーラー街路灯の突破は同じワットが前より高い効率を実現するだけではなく、コストパフォーマンスが更に高いです。例えば、お客様は本来が60Wのライトを買うのが必要で、現在は40Wだけで需要を満足します。そうすると、光効率が要求のように達成する同時にシステムの信頼性も向上させて、また、プロジェクトのコストも節約し、とても人気です

 ソーラー街路灯の光効率の面だけではなく、スパークは製品の外観、防水及びケーブルと部品の取り付け方面でも力を入れています。

  一体型ソーラー街路灯は高品質の燐酸鉄リチウム電池を採用して、寿命は5-7年間です。ソーラーを高い転換効率の単結晶シリコンチップを採用して、転換効率は24%以上です。更に、スパークの一体型街路は自身開発しているMPPT充電放電コントローラを採用し、ソーラーエネルギーの最大効率を実現できます。フォロー効率が99%に達成し、充電効率が95%に達成します。器具は5段調光の機能を実現し、更に節能効果が優れています。

   スパーク一体型ソーラー街路灯は発明してから3年を経って、世界各地の市場からの求めを要求されて、現在は50個の国家と地域に販売されて、良い評判をもらいました

  「品質、革新、誠実、サービス」の経営理念を維持し、製品革新を続けて、ソーラー街灯照明と家庭用ソーラー蓄電システム照明に突破を続いて、「グリーン生活を照らす」の企業目標を達成出来るように努力しています!

メッセージ