スパーク光電は中国機電商会太陽光伏製品の中国分会の第二回会員代表大会に出席した

Date:2016/04/14

2016年8月24日に中国機電商会太陽光伏製品の中国分会の第二回会員代表大会は上海で開きました。中国機電商会太陽光伏製品の中国分会のソーラー照明会員として、スパーク光電科学技術有限責任会社は今回の大会出席した。

今回の大会には140からソーラー発電企業の250くらい企業者出席した、スパーク光電を含めて、または、中国の機械輸出入(集団)有限会社、中国技術輸出入総公司、ファーウェイ、中興通迅、特变電工、無錫尚徳などの優秀な企業者この大会に出席した、企業の生産と輸出の規模は私の国の光の製品のシェア95 %以上を占める。

 

中国機電商品輸出入の钰晶さんは業界への発展と分会交代後の仕事を楽し。商務省貿易救済調査局の副局長劉丹陽は我が国の光貿易摩擦情勢に重要な指導を与えて、業界の自律などの複数の要求に強化することを提案した。

2011年に中国機電商会の太陽光発電製品の分会が正式に発足して、分会は光の企業と監督を密接に連絡し、公平貿易環境を積極的に作って、光の国際貿易を全力で促進した。国際貿易交渉において、中国の発電企業が大量に有利な条件を目指して、中国発電産業発展に卓越貢献をしている。

 

分会は、商会、協会、第三方認証と標準検知機構連合の「中国の光電池の輸出基準条件」「中国の太陽電池製品輸出品質サプライヤーリスト」の意見、または中国経済情報社指数センター連合商会と協会連合の「全地球光発電指数」の意見。業界自律を通じて、自発的に輸出環節「扶优扶强形成」、中国輸出光電国際優良品質、信用、一流ブランドイメージを構築して、全体の産業チェーンは全産業チェーン、グローバルブランドの影響、定価権と発言権を全面アップさせる。

中国電機電気製品輸出入商会第二回会員代表大会開催期間には、機電商会は、重点光発電企業作業座談会を行って、我が国に対して光伏の業界の貿易発展情勢を判定し、企業の訴えと業界発展問題を理解し、参加する代表と商務部関係司局指導について深く討論して、関連業界発展のアドバイスを提出した。

 

中国電機電気製品輸出商会について

1988年7月に設立した。我が国の電機製品の輸出業界唯一の全国的な商会として、商務部の業務指導に基づいて、機電商会は中国最高のレベルーー5 A級の社会組織である。または、機電商会は現在1万軒くらいの会員があって、商会は機電製品の生産と外国貿易分野の大きな企業と大量中小企業を網羅して、強い業界代表性を持っている。


メッセージ