スパーク光電科技株式会社は時間を効果的に把握し、同時に高品質を保証し、積極的に四川省成都地下鉄3番線の第二段階と第三段階の年末に合わせて試運転を開始する

Date:2018/07/06



   四川省成都地下鉄三番線は、南にある高速鉄道双流西駅から、双流区、武候区、錦江区、成華区、金牛区、新都区を通じて、北の新都城区に到着します。都市中心部の交通圧力を緩和すること、東北と西南の交通貫通に対して、欠かせない役割です。この三番線を開くと、成都西南から東北にかけての主幹線です。   

 第一段階は2016年7月31日に運営をはじめました、第二段階は2015年9月に建設をはじめました、予定は2018年年末で運営を開始します。第二段階の出発点は双流西駅から、終点は太平園駅、路線の長さは17.164km(全部地下鉄)、合計11ホームがあります。第三段階の出発点は軍区総病院駅、終点は红星村駅、全長12.411km、(その中高架と移行段は5.510km、地下鉄の長さは6.901km)。全部で9ホームを設置されております。 

 成都地下鉄3番線の第二段階と第三段階がスパーク光電有限会社の高品質、レール交通照明製品を使いました。このプロジェクトの建設要求を合わせて、2018年年末が運営する予定ですが、時間的に迫っていますが、スパーク(Spark)は全力で時間と戦っている同時に、高品質を保つことも重視しています。 

 このプロジェクトは使用しているレール交通照明製品が以下を含んでいます。LEDパネルライト、LED埋め込め式ダウンライト、LED明装ダウンライト、LED高天井灯、LED防塵防腐防爆用ライト、LED投光器、LED施工ライト、LED街路灯等機能照明器具、及びLED消防応急パネルライト、LED消防応急埋め込め式ダウンライト、LED消防応急ダウンライト、LED消防応急高天井灯、LED消防応急防塵防腐防爆用ライト、LED消防応 急投光器等の消防応急照明器具です。公共区域のホーム、車両段、駐車場、区間トンネル、地下鉄のオフィス場所などを使用しています。



    都市の地下鉄のネットワークが複雑なため、地下空間としての照明は、通常の照明よりも厳しい要求を有する長時間の過負荷運転を受ける必要があります。地下鉄の運営手配と乗客の旅の安全を確保するために、スパークのレール交通照明ライトは各方面から考えています。例えば防湿、防腐、静電気防止、防震、防火、防錆等、スパークの製品は国家CCC認証、CQC認証、CCCF消防認証を受け取っております。  

 スパークはこのプロジェクトによって、供給された器具は全て高効率LED照明ソリューションを使用します。地下鉄の運営コストを大幅に削減します。同時に、ホーム、駅、オフィス等の場所に対して、高い演色性を採用し、グレアを防ぐ、柔らかくて均一な光を出します、成都の人々が快適な地下鉄照明環境を提供します。 

 【スパーク(Spark)光電について】 スパークは2000年に成立し、国家のハイテク企業、中国国内初のハイエンド照明分野の企業の一つです。強い技術力と強大な研究開発力を持っていて、国内レール交通照明分野の有名なブランドと解決ソリューションであり、全シリーズ製品が国家のCCCF消防応急認証を受けて、現在深セン、広州、上海、兰州、成都、福州等の交通照明ソリューションを提供しました。

関連する事例:


メッセージ