国家知的財産権保護局がスパーク に訪れて、知的財産権の保護活動を指導する

Date:2018/08/07

    7月31日午後国家知的財産権保護局の孟海燕署長が深セン市の知的財産局のリーダーシップに伴って深センスパーク光電有限会社にお越しいただきました。今回は今の中米貿易環境の下でLED産業に対してどんな影響を与えるか、企業の知的財産権の保護、特許の申し込み等重要な点をめぐって話しました。スパーク光電有限会社のCEO兼深セン市照明学会の副理事長呉さんは今度の座談会を主催し、深セン市照明学会庞杰秘書長スパーク光電知的財産権事務部の担当者たちが座談会を参加いたしました。



    座談会でCEO呉さんは知的財産権と知的財産権戦略に関することが調査グループに報告しました。国家知的財産権保護局の署長はスパーク光電有限会社が科学創新、知的財産権等の領域でいい成績を取得することに対して十分な肯定と高い評価を与えました。また現在中米貿易環境がLED照明産業に対する影響、知的財産権の保護、特許の配置、業界標準の参与、技術機密管理等の領域で、お互いに深い議論と交流を行いました。


 スパーク光電は深セン市照明業界知的財産権優位性を持ている企業として、ずっと知的財産権の保護を重視しています、特許、商標、著作権等を着実に推進しており、現在は太陽エネルギー照明、知能制御、エネルギー管理及び管理システム等重要な核心特許100種類以上を取得し、省市科学技術賞5個を獲得し、省市及び国家照明標準30以上を獲得しました。今回国家知的財産権保護局がスパークの訪問は、スパーク人々の知的財産権保護意識、特許保護意識、技術機密保護意識を向上させて、更に企業の競争力とブランドの付加価値を向上させます。


メッセージ